ABOUT US.

Eri Tomioka

美大にて現代美術の勉強をした後、柄布の楽しさに目覚めthe teachers 始動。11年間の東京生活を終え、現在は東京・関西を中心に活動中。最近は電車と茶道が大好きな男の子を育てているので、作品に電車関係モチーフと茶道具モチーフが入っている。

最近はあまりしていませんがアート活動もたまにしています。

信楽ACT2012、六甲ミーツアート2013に美術作家として出展しました。

 

美術作品では、キルティングに麦わら帽子の素材を貼り付けたタペストリーシリーズを得意とする。六甲ミーツアートでは、34M×3Mの巨大作品「空をはかる定規」を発表。この作品は、六甲山の絶景展望スポットに展示されました。

 

今まで制作した作品はこちらから

 

 

the teachers 
 

the teachersはアーティスト冨岡映里によるプロジェクトです。

 

オリジナルドローイングのテキスタイルで作ったバッグ・ベルト・お財布・ポーチ等のアイテムをセレクトショップ・デパート等で展開中。

 

バッグに入れておくだけで、少し元気になれるようなカラフルで少しユニークなアイテム達。可愛いだけではなく、独自の手芸を目指しています。

 

 

 

オリジナルドローイング布は現在『紙飛行機×手紙柄』、『道具柄』、『目が覚める(朝食)柄』、『紙飛行機柄』、『糸巻折紙柄』『ペンギン折紙柄』、『車掌柄』、『茶道具柄』、『虫眼鏡柄』の9種類。展覧会の際は、タペストリーの展示もします。

 

 

 

小さな布のカケラ 小さな図案

小さなものが寄り添って

小さな景色に見える時

the teachersの小物は誕生します

あなたやお友達にとっての

小さなスパイスとなりますように。

 

 

 

今までの展覧会・DMはこちらから

 

 

 

 

 

music

最近はとてものんびり活動していますが、音楽活動をしています。

 

現在、化粧品メーカーTHREEのHPにて映画監督星野有樹氏の映像作品にthe teachersの音源が使用されています。とても美しい映像です。こちらからどうぞ。

 

 

 

 

12歳よりクラッシックギターをはじめる。ユニット ザ・コケッシーズ(1st 「ウィッスル」MIDIクリエイティブ)、M.A.G.O. (1st「an odd pair of shoes」、2nd「THURSDAY」)のメンバーとして活動。日本国内でライブ多数。及び、アメリカ、ベルリン、パリ等でもライブする。ザ・コケッシーズではアメリカテキサスのロックフェスSXSWに出演、M.A.G.O. ではソニックユース、ザ・レインコーツ、eastern youthのフロントアクト、NY・ベルリン・青森弘前では奈良美智氏の個展のオープニングパーティー等で演奏する。

 

ソロ名義は、the teachersとしてクラッシックギターを弾いています。1stミニアルバム「TAPESTRY」を発表。今までに金沢21世紀美術館(奈良美智展にて)、栃木県立美術館(三沢厚彦展にて)、金津の森美術館、ワタリウム美術館内ON SUNDAYS(the teachers GOOD GUM展)、graf media gm、the teachersの展覧会等でライブをしました。